Camera Match

究極のリアリステックなイメージはもちろん現実世界そのものだ。しかし、LWのオブジェクトと写真のアラインするのは見た目よりずっとずっと難しい。右は同じディメンションを持つ実写のキャビネットとLWのモデルだ。

写真のキャビネットのビューとマッチングさせるために、LWのキャビネットをレンダーをしてみると・StickyFPで合成やフォトテキスチャリングなどのありとあらゆる手を使っても、写真とのマッチングはメチャ難しい!右のイメージはホンモノの写真に重ねたワイヤーフレームのキャビネット。どんなに辛抱強く頑張っても、カメラ位置、ローテーション、ズームをバッチリ合わせるのは見るからに不可能だ。コーナーのミスマッチは隠しようがない。

タフトのカメラマッチは数学的処理を最大限に活用し、究極のベストマッチを探し出す。右のイメージを見ると、ワイヤーフレームは実写のキャビネットに完璧に合っているのが分かる。これがカメラマッチだ。

カメラマッチは、合成に費やす退屈でフラストレーションのたまる作業から開放するだけでなく、今までは不可能と思われたショットを可能に変えるツールだ。

CamerMatch interface