Color and Shading

Powerful Color Tools

本物の毛や髪は豊かな色彩に溢れているものです。毛や髪は、ライトに対し多くの繊細で複雑な反応をするため、陰影もさらに微妙になります。研究とリサーチの結果、LW上でこのあざやかな特徴を捉えるアルゴリズムの構築に成功しました。豊かなオレンジ色のファーに包まれたLar gibbon(シロテテナガザル)のサンプルをご覧下さい。色や明度のバリエーション、バックライトが毛を照らす様、特に頭部に与える影響。サスクワッチはこうした本物に負けないエフェクトを作るパワーがあります。色を設定するだけで、1ダース以上のコントロールがあり、一見過剰に見えますが、これでやっと野生のファーや人間の美しく複雑な髪の色彩を再生することが可能になるのです。

Sasquatch Coloring

Realistic Shading

Backlighting

シェーディングの設定も幅が広く、テクスチャリングが可能です。毛や髪の光に微妙に反応する性質をサスクワッチは難なく処理します。

髪や毛の場合、バックライトは特に重要になります。シロテテナガザルの例でもわかるようにサスクワッチは見事に処理します。

サスクワッチのセルフシャドウ機能も髪や毛に重要な役割があります。下のサンプルでは、右側がセルフシャドウ機能を作動させた画像で、リッチで深い質感を与えているのが分ります。サスクワッチの髪と毛はフォトリアルなのです。

Self Shadowing

Interactive Preview

Sasquatch Preview

この画像は、色とシェーディングをコントロールするインターフェイスです、一見圧倒される量ですが、使い方はシンプルです。サスクワッチは、色・シェーディング・テクスチャリングの結果をリアルタイムのプレビューで表示します。LW6のVIPER同様、この方法は色や陰の設定変更を行なうと、即座にフィードバックをし、パーフェクトな質感の制御を容易にします。