Dynamics

Instant Dynamics

本物のファーも髪も動きます。自然な動きや揺れがなければ、髪やファーは単なるワイヤーになってしまいます。ファーのダイナミックスを計算処理する幾つかの方法論を再リサーチし、目覚しい結果を導く新しいメソットを開発しました。更に良いことに、当社のダイナミックスはプリコンピューテーションを必要としません。他製品は何MBものデータをプリジェネレイトしたりフリーズするために、RAMやディスクスペースを浪費し、ScreamerNetの混乱の原因となります。当社の方法では、目立ったコンピュータのオーバーへッドを使わずに、アクセレーションやローテーションに完璧にリアルに反応します。アニメーションも順番を気にせずどのフレームのレンダリングも可能です。この方法は他のオブジェクトとのコリジョン判定をしない点に限界があります。

Wind

左手のアニメーションで、アクセレーションとローテーションダイナミックスをご覧下さい。アニメーションの全フレームはCeleron450MHzデュアルマシンで12秒でレンダリングを終了します。

Long Hair Dynamics

ロングヘアは、髪のもつれ、ほずれ、揺れといった幅広いシミュレーションに対応するために、さらに複雑なダイナミックスを必要とします。サスクワッチはボーン、モーフ、ディスプレイスメントプラグイン、モーションデザイナー、メサイヤ、モーフギズモ、ウォリーポイントといった既にお馴染みの様々なツールを利用して、ロングヘアのアニメートを行います。加えて、LW6では、サスカッチのロングヘアは任意のオブジェクトのコリジョン(衝突)判定)を使いアニメーションさせることが出来ます。衝突判定のエリアをむやみに増やす必要はありません。

ロングヘアが赤いオブジェクトの外郭を捉えてスライドするアニメーションです。LW6ではサスクワッチはこうしたアニメーションを簡単に作成することが出来ます。