Poke <ポーク> ディスプレイスメント

他のオブジェクトをシンプルなツールとして使用し、オブジェクトに凸凹を作成します。最も手頃な使い方では、Pokeが“エフェクター”ツールの役割をし、 オブジェクトの表面に球形の膨らみを作ることですが、このツールの用途は実に広く、生き物の歩行の足跡を自動的に地面に残したり、弾丸の痕跡や、バットによる凹みといった、現実・非現実世界のありとあらゆる“凸凹”の作成が考えられます。

《用途のご提案》
カーペットの下を這い回るネズミ、肌の内側をむくむくと動くエイリアン、弾丸の跡、足跡を残すシーンなど