The Link Set 

AccelLink <アクセルリンク> モーション
物体を他のオブジェクトの加速に反応させることにより、リアルなモーションを簡単に作成するツールです。例えば、クルマのサスペンションを、発車時には後方に、停車時には前方にアートマティックに傾けさせます。また、オートバイの自動的な後輪走行(ウィーリー)や、急ブレーキをかけたクルマの中でキャラクターがシートベルトに圧迫されるシーンを作成することなどが可能です。

《用途のご提案》
バイクの後輪走行、急ブレーキをかけた時に車のサスペンションが前方に傾くシーン、ロケットエンジンが点火する場面、加速時にタイヤを滑らせて、スピンさせたりするWheelie(Polkコレクション)のコントロールとして使うなど

DistlLink <ディストリンク> モーション
乗り物、虫、プロペラといった「動くもの」の複雑な動きや走行を簡単に制作するためのツールです。オブジェクトを地面上で動かすことで、その動きに従う走行サイクルをオートマティックに作成します。例えば、ゴキブリの場合、単にゴキブリのオブジェクトを動かすだけで、それぞれの足を自動的に個別の動きをさせることが可能です。

《用途のご提案》
複雑なキャタピラーの走行サイクル、戦車のキャタピラー、線路を急降下するトロッコのハンドバーを動かす場面、魚や亀といった速度を定義しにくい生物を動かす場合など
 
PhaseLink <フェーズリンク> モーション
あらゆるアイテムの動きに反応させることで、オブジェクトに設定した複雑な動きを作成します。キーフレーム設定したフェーズによってサイクルのポジションを選択し、Nullを動かすことで、サイクルのポジションとスピードを制御します。一例をあげると、1つのNullを使うことによって、何十ものギアのモーションをコントロールしたり、アンドロイドの肘のピストンを、肘の接合部の角度に合わせて動かすことが可能です。  

《用途のご提案》
母艦から離れた宇宙戦士が帰還するシーンや艦内に入るためにドアが開閉するシーン、電車の踏み切りを開閉させる、跳ね橋を開閉させる、パンチを浴びせる、手話や手の平を結んだり開いたりするシーン、かにや甲虫のハサミを動かす、犬が尻尾を振るシーン、重量上げの選手がダンベルを持ち上げるにつれて顔を紅潮させていくシーン(Acidと併用)、フォークリフトの高さをコントロールし、パレットを持ち上げて違う倉庫の棚に載せ換える場面など

 
SpeedLink <スピードリンク> モーション
オブジェクトに他のオブジェクトの速度に反応させて動きします。スピードメーター等の計測器を作る場合に大変便利です。また、航空機が横滑りする際に微妙にバンクする動きや、急速な離陸の場合にランディングギアを自動的に格納させることも可能です。

 
ThrottleLink <スロットルリンク> モーション
機械のスピードを簡単にコントロールするためのツールです。蒸気機関車のような複雑な仕掛けや装置に対し、速度にバリエーションをもたせるために、手作業でキーフレーム設定をせずに、たった1つのthrottle(スロットル)による制御を可能にしました。Linkプラグイン5種類の中で最も設定が簡単で最も使えるツールです。

《用途のご提案》
フロントガラスのワイパーを動かす場面、ドリル・ルーター・旋盤・削岩機といった作業スピードの速い道具、ドラムを叩く動き、失速する飛行機、機械の作業スピードを変える場合など