View Anything

G2のプレビューは、レンダリング画像以上のディスプレイをします。

プレビューシステムがレンダリングエンジンに統合されているため、レンダリング画像におけるサーフェイスの各々のコンポーネント(Luminous、Reflection、Ambientなど10種類)を個別にプレビューすることが可能だからです。微妙なDiffuse値の調整のために、SpecularityをオフにしてDiffuseに集中するという作業方法が可能です。また、Shadowsのトーグルボタンをオン・オフし、コーナーの暗い部分は、シャドーのせいか、ライトの配置ミスによるものかをチェックすることも出来ます。このように、全てはトーグルボタンのオン・オフだけで、ビューをコントロールすることが可能になりました。また、このボタンは複数を同時にオンすることも出来ます。

プレビューは、シェーディングをかける前のサーフェイスのプロパティのみを表示出来ます。オブジェクトのRBG値や、DiffseやLuminosityといったチャネルのベース値の影響だけを是非ビューしてみて下さい。

ライトもオン・オフのトグル切り換えをします。全てのライトの効果を、専用ボタン1つ押すだけで、素速く効果を切り換え表示するのです。またグループ化しておいたライトをオン・オフします。こうすることで醜いハイライトの原因となっているライトを見つけることも可能です。