G2 Skin

人間の皮膚を3D上に再現するのは大変難しい課題です。それは単純なスペキュラー、ディフィーズ操作のみによる質感調整では済まないからです。光は半透明の肌を突き抜け、内部で繰り返し反射します。これこそ肌の特質すべきソフトグロー効果を作る現象で、金属や石のような不透明でシャープな陰影とは根本的に異なります。

G2レンダラーは、リアルステックな質感を再生するために、光がこの半透明な特質を形成する細胞や血液の多層レイヤーの中を拡散(scatter)する様をシミュレートします。G2は、LWにこのLayered Subsurface Scattering(これについてのオタクな論文)を統合しました。

G2のシェーダーエンジンが人間の皮膚を最適化するので、参考図書や科学論文などで調査をする必要はありません。アーティストフレンドリーな設計で、G2にエディットをゆだねことが出来るのです。カラーテクスチャマップを使用することで、皮膚の厚みや血液の色等、皮膚の質感を左右する特性を直感的にコントロールします。

G2のスキンシェーディングも、同様に充分な速さでリアルタイムに正確にプレビューします。プレビューで確認しながら、質感調整が楽に行えます。