Realtime preview

FPrime/G2併用ご紹介ビデオ

  1. SSS
  2. Mulitple Specularity
  3. Image Processing

FPrime render engineをお持ちの場合、LWのレンダラーを完全に迂回し、FPrimeによるコンスタントでリアルタイムなレンダリング処理を目にすることが可能です。右手のビデオで、FPrimeのエンジンがG2の100を超える機能をシームレスにリアルタイムのレンダリングを実行する片鱗とG2とFPrimeのコンビネーションの様子をご覧頂けます。

G2の心臓部であるプレビューは、リアルタイムで、レンダリング画像のクオリティを持つ、完璧にカスタマイズ可能なシステムです。

とうとう、その場でライティングとシェーディングのフィードバックを得ることが可能になったのです!勘を働かせて、ベスト設定をさぐる必要はありません。マウスをドラッグするだけ!設定値を目で確認し、ここぞと感じたらStopすればいいのです。

しかも、G2は異なるフレームとカメラビューによる複数のプレビューを立ち上げることが可能です。また、画像中のある箇所をフォーカスするための、パン、ズーム、リサイズ、更にアニメーションもフレームバーを動かしながらインタラクティブなプレビューを見ることが出来ます。

ライトの追加、 削除、フォールオフの設定変更、スポットライトのコーンアングルのリセット、ライトの移動あるいは回転、エリアライトのサイズ変更、ライトタイプの変更・・・以上の変更にG2のプレビューは即座に正確に対応します!もちろんG2の設定変更にも直ちに反映します。

いかに画期的か、まずは右のアニメーションでご確認下さい。800MHzのデュアル・ペンティアム3で作成したG2のインターフェイスが動作で、G2のプレビューがLWをどう変えるか、ご理解頂けます。ライトの編集される様、シャドー、反射、拡散の属性が修正される様子、全てがリアルタイムです。G2のピクセル単位のInfoの読み出しは、テーブルのオーバーな崩れた明度を見せ、その後、G2のGamutコントロールが起動し、画像の残りのライティングや明度を変更することなく、この過度の明るさを調整します。

( DivX アニメーションは the PC or Mac DivXのインストールが必要です)