G2 Image Processing

画像のレンダリング後、明度とガンマを見直すのは、最終的に画像を洗練させる最も基本的な調整です。G2は、これをLW内で実行し、更にG2のプレビューにインタラクティブに表示します。Photoshopと違い、G2は保存用の24ビットの低画質に落とし込む前に、LW内部の高品質で正確な色を使います。

高品質で正確な色を使用することで、ピクセルが極端に明るく時に白光りして見えたり、色相を変える程の大きな問題が発生する場合に、この明度の強さを落とすために絶大な影響力を発揮します。G2のフレキシブルなGamutコントロールは、とても明るいエリアのディテールを十分視覚出来るように、しかしリアル性を失わないように、スムーズにトランジッションを実行します。

G2は、サーフェイス毎に、サーフェイスの色相と彩度を調整するイメージプロセッシングを可能にしました。サーフェイスの色が、オブジェクトが複製されると、自動的にランダムに変化する機能です。この機能によって、クローンオブジェクトに、自然で、あるいは逆にワイルドで面白いバリエーションをつけることが出来ます。同じ木を使って作成した森は少なくとも異なる色をつけることが可能になり、1台のカーモデルに異なる陰影をつけ駐車場に集合させることも、1つの岩に1000の異なる質感をつけて集めてゴツゴツの背景画を作ることも出来るわけです!